イギリスのお土産~スーパーで買える安くて美味しいお菓子・食品・調味料【男性編】

イギリスのお土産~スーパーで買える安くて美味しいお菓子・食品・調味料【男性編】

久々のイギリススーパーの記事です!

女性向けのかわいいものが多いイギリスのスーパーですが、男性向けのものでしたら何を買ったらいいか、聞かれることがあります。

イギリスのスーパーでは、パパ、彼氏、旦那さん、男性の友人にも喜ばれるブリティッシュなお土産の候補がたくさんあります。

物価が高いイギリスですので、庶民の食卓を支えるスーパーで買える安くて美味しいお菓子、缶詰、イギリスの調味料、イギリスのお酒などなど、スーパーとはいえ、おしゃれ感抜群でコスパ最高のお土産は数多くあります。

イギリスのスーパーマーケットでお土産買うなら、下記の選択肢があります。

高級感のあるスーパー、日本で言う、QUEENS ISETANまで行かないですが、成城石井レベルではないかと思います。

  • マークスアンドスペンサー
  • ウェイトローズ

庶民派のスーパー、普通のスーパーでしたら、TESCO、セインズベリーがあります。

イギリススーパーの価格帯、戦略ポジション等について詳しく知りたい方は、是非こちらの「真面目」記事をごらんください。

イギリススーパーマーケットの比較

価格帯比較1

 

 

いずれにしても、イギリスでは、普通であるスーパーで買える食材は、日本に持って帰ると、珍しさ故に、喜ばれます。

 

それでは、男性にも喜ばれそうなイギリスのスーパーマーケットで売っている、お菓子、食品類を紹介します。

 

男性のためのお菓子

イギリススーパーで買う男性のためのお土産お菓子

女性向けですが、かわいいクッキー、チョコレートが無難で大抵喜ばれますが。男性は甘党餅もちろん多くいますが、たまに、甘いものが苦手という方もいます。

男性向けの「甘くないお菓子」という観点で、イギリスのスーパーでしか買えない、日本で売っていない美味しくて安いお菓子をご紹介します。

テスコのFinestというテスコの高級志向PBのALL BUTTER PASTRY

ホームパーティーの前菜や、家のみのおつまみに大活躍してくれる一品です。

バターの香ばしさあたまらなく美味しいです。

ROASTED NUTもテスコの最高級シリーズであるだけに、素材がよいので、美味しいです。

ナッツはどこでも売っていると思われるかもしれませんが、このローストナッツはほんとに美味しくてナッツ好きな私の今まで食べた一番美味しいローストナッツです。

マヨルカ島のまぶしい太陽に似合うTesco Finestのローストナッツちゃん!

 

 

お酒のおつまになる美味しいイギリス食材

おしゃれな缶詰、お酒のおつまみに

日本のサンマの缶詰をカナダの人にあげると、「美味しい!」と絶賛され、日本に来た際に、爆買いして大量にカナダに持って帰りました。

ウェイトローズで見つけた、「Newlyn風景」というシリーズの缶詰、兎に角レトロなパッケージに一目惚れしました。

パッケージの風景は、イギリスの南部の町、Newlynの1901年の風景です。

Walter Langleyという画家の描いた油絵をパッケージにしています。

Newlynはイギリス南部の釣りを主な産業とする町です。

お土産とともに、Newlynのお話をすると、きっと会話も弾みます。4000人ほどしかいない小さい町ですが、パブやレストランが並び、人気な休暇先です。いつか訪れてみたい町ですね。

NewlynはMount’s Bayの海岸にあり、近隣の町Penzanceと小さな郊外を形成しています 。 それはペンザンス市民教区の一部であり、英国本土の南部の町である(しかし、最も南部の集落ではないが)。 主要産業は釣りになっていますが、港にはさまざまなヨットや遊覧船があります。

Newlynでは多くのパブやレストランがあり、人気のある休暇先になっています。 2011年の国勢調査での人口は4,432人であった。

缶詰以外にチョリソも! お酒のおつまみにもちろん、サラダにのせてもよしし、ピザに乗せて焼いても美味しいです。

 

 

本場イギリスのビール

イギリスの地ビールのお土産

イギリスといえば、パブでALEを飲むというイメージです。日本でなかなか入手できないイギリスのビールをお酒好きなお父さんにあげるときっと大喜びすることでしょう。

お父さんに限らず、お酒が好きな男性でしたら、誰もがこのお土産が気に入ることでしょう。

イギリスのスーパーでたくさんの種類のビールが売ってあります。

日本で買うと、税金やら送料やらで2倍以上の値段となってしまいます。

 

アルコールの国内持ち込み規制があるので、留意が必要です。

一本、二本でしたら、大丈夫なはずです。

一回しか楽しめない量ですが、遙々イギリスからやってきたビールが「家飲み」を楽しくしてくれます。

IMG_6940

そして、地ビールの種類が豊富です。

都市ごとに当地ビールがあり、ロンドンのスーパーでも入手可能です。

特別な思い入れのある場所があれば、探してみてください。

ロンドンのスーパーで見つけた、NEWCASTLEビール

IMG_6939

ロンドンの名が付くロンドンのビールだけでも、何種類かあります。

 

例えば、LONDON PORTER、LONDON PRIDEがあります。

ところで、イギリスビールの代表各はALEエールですが、ポーターってどんなビール

ポーターは18世紀に開発されたビールである。焙煎した茶色麦芽を用いた点が特徴で、焦がした麦芽の芳香とホップの苦さが味わえる。
「ポーター」という名称は、テムズ川でロンドン市内まで運ばれた物品を市内各所に配送していた人々(ポーター)が好んで呑んだ事から来ている。
 

ビールは重たいので、私はM&Aのオンラインショップの箱買いをよく利用しています。自宅まで配達してくれますので重たい荷物を持って帰る手間が省けます。

M&SでLondon Porterを見る

パブでは、ロンドングローリーというロンドンALEを飲んだことがあります。

 

ロンドン近郊のGREENWICHビール

Trevor Mealiffさん(@trevormealiff)がシェアした投稿

 

琥珀色のレッドエール、お色の合いが美しくロースト感は控えめで、ロースト由来のシャープな酸味が全体のバランスを取っています。濃い味の料理やホップ疲れの合間にゆるゆる飲める一品。

値段 2.4ポンド

 

また、ロンドン近郊の有名な観光地であるコッツウォルズの地ビールがあります。

ロンドンの高級スーパーであるマークスアンドスペンサーは品揃え豊富ですので、オクスフォードサーカスにある大きいマークスアンドスペンサーでしたら、きっといろいろ見つけられると思います。

 

男性へのお土産探しに、イギリス地ビールの宝探しをチャレンジしてみてください!
日本で買うと高くてびっくりです。

JTBの楽天公式海外お土産ショップもあるようで、どうしても日本で飲みたい場合は入手可能ですが。。
楽天市場でイギリスビールの値段を見る

ロンドンのポテトチップス

イギリスのポテチ

私は、外国に行くと必ずご当地ポテチを買う派で、お土産で海外ポテチをいただくとこの上なくうれしいです。

日本で見たことない、もちろん日本では販売していない珍しい味もたくさんあるので、「へええ~こんな味もあるんだ」と思いながら、イギリスのスーパーでポテチを見るのが楽しみの一つです。

 

このポテトチップスの優れているところは、大きい袋に6個の小分けパックが入っている、ばらまきお土産に向いています。

たまに海外出張で「板チョコ」しか同僚にあげない人がいますが、けちくさいのでもう少し頭を使ってお土産探して欲しいと思います。

 

ちなみに、人生で食べた最もまずいポテチのお話をしたいとも居ます。

謎のロシアで買ったピクルスのポテチです。

一口食べて「ウエっっ」となり、吐き気がして、その後しばらく「ピクルス」がトラウマとなり、食べられなくなったほどです。

「悪阻」の時にしか味わえなかった気持ち悪さを味わえた不思議なポテチでした。

ちなみに、普段はピクルスが大好きです。そのために買ったのですが、予想外のまずさでした。

今は、またピクルスを食べれるようになりました。ピクルス復活まで、何年かかったことが、恐ろしいまずいポテチの力ですね。

プチ知識、イギリス英語、アメリカ英語のChips、Fries、Cripsってどう違う?

ポテト関連の料理では、英語だと、Chips、Fries、Cripsなどの単語があります。

  • Chips

アメリカ英語でポテチ (イギリスでも同じ意味で使うことも時々ありますが)

イギリスの有名な国民料理で「フィッシュアンドチップス」のチップスはフライドポテトのことで、ポテチではないです。

  • Crisps

イギリスでは、ポテチという意味で使う人がいます。

  • Fries

French Friesの略で、アメリカでは、フライドポテトを意味します

ややこしいですね。

 

調味料

イギリスのスーパーのおしゃれ調味料類

イギリスの調味料はなかなかおしゃれです。

料理を作るのが好きな人には、嬉しいお土産となります。

例えばMALDONのお塩。アスパラと人参味の塩。

1.8ポンド

 

 

オクソは、キューブ状のスープストックで、チキン、ビーフ、ベジタブルなどのフレーバーがあります。やわらかく、熱を加えなくても手で崩すことができるので、調理がしやすくとても便利です。

 

サラダドレッシング、ブルーチーズ、バージルペストなど、味の選択肢が種類豊富です。

男性はみんな「甘いもの苦手」ではないですが、なんとなく男性に甘いものよりかは、塩っぱい系のお土産が受けがいい気がしていますので、あえて甘いものを除いてみます。

甘いもの系でもよろしければ、このブログのイギリススーパーのお土産記事をご覧ください。

【お断り】この記事は、navi-london.comのオリジナル記事です。いかなる真似、コピー、リライトをお断りします。

Leave a Reply