イギリスの歴史と伝統を受け継ぐ美しい食器、陶磁器

イギリスの食器は、ウェッジウッドは一番有名ですが、イギリスに来てから、イギリスの食器はWedgwoodだけではないということが分かりました。しかもWedgwoodの安いラインは中国、東南アジア製造の物が多く、セットで1万円超えないとイギリス製にならないですが、イギリスにたくさんのイギリス製にこだわっているブランドがあります。


イギリス食器は、北欧風のシンプルでモダンなデザインから、ロイヤルファミリーにふさわしい貴族の風格と気品を感じさせるエレガントなものまで、実に様々なタイプがあります。 アフタヌーンティーに行く楽しみの一つは食器の鑑賞です。それぞれのお店で、お店の個性を表す食器を使っています。 最近、日本の20-30代にはイッタラ・アラビア・ロールストランドとかの北欧系の食器の方が人気のようですが、ぜひイギリスの食器にも注目してほしいです。

モダンなロイヤルドルトン

ロイヤルドルトンは1815年にジョン・ドルトンによって設立されました。その後、2代目のヘンリー・ドルトンが飛躍的に事業を拡大し、陶磁器業界で初となる「ナイト」の称号を与えられ、1901年にはエドワード7世から王室御用達の栄誉を受け、「ロイヤル」を冠することを許されました。 「ロイヤルドルトン」は、ロンドンの都会的な文化や折衷的なスタイルを独創的なデザインで表現しています。ライフスタイルに合う、現代的でスタイリッシュなシリーズが揃っています。 日本にも上陸していますが、日本で未発売のものがたくさんあります。フェイブル、ロンドンコーリング、レトロ以外は日本の公式サイトで取り扱っていません。

Royal Albert公式サイトはこちら

フェイブル

ロンドンを拠点に活躍するイラストレータ― キャロライン・シュノールとのコラボレーションにより誕生しました。毎日使っても飽きないフェイブルのパターンは、北欧の長い歴史や自然、子供向けの民話の本に想を得てデザインされました。

ロンドン コーリング

最も有名で最もロンドンらしい景色が、現代的に特徴的に描き出されています。デザインを手がけたのは、ロンドンを拠点に世界で活躍するテキスタイルデザイナー シャーリーン・ミューレン。伝統的な技法と現代的なモチーフが融合した美しく繊細なデザインが印象的です。

レトロ

ワイングラスシリーズ。「ロイヤルドルトン」のテーブルウェア ラインナップをさらに充実させるクリスタルのライン。1960年代のデザインやシェイプに想を得た重厚感ある深いカットが印象的なクリスタルです。 ここからは日本でなかなか入手できないものです。

1815シリーズ

イギリスの食器に珍しいごはん、ヌードルにも使えるもの、上品なカラーのモダンなデザイン。日本で発売されていないシリーズです。

Royal Doulton 1815公式サイト

 

1815_noodle_bowls_ls

 

1815シリーズの購入はこちら

Gordon Ramsay とのコラボ

イギリスの高級レストランGordon Ramsayとのコラボ。Gordon Ramsayで採用している食器は全部ロイヤルドルトン製。モダンでシンプルなデザイン。

パシフィックシリーズ

kousei

 

クラシックで可愛いロイヤルアルバート

 

1904年に設立された「ロイヤルアルバート」の歴史は100年以上にも渡り続いており、そのルーツは1896年まで遡ります。創業者であるトーマス・ワイルドはアルバートワークス(工場)に「トーマス ワイルド カンパニー」を創業しました。アルバートワークスは1895年、現女王の父親にあたるアルバート王子の誕生を祝い、名づけられました。その後1937年、ヨーク公(イギリス王族の公爵位)であったアルバート王子はジョージ六世に就位されました。   創業の翌年の1897年に、トーマス ワイルド カンパニーはヴィクトリア女王即位60周年の記念品を依頼されます。1904年には「ロイヤル」を名乗ることを許され、「ロイヤルアルバート」が誕生します。 アルバートワークスの時代からデザインには英国の代表的な花々が取り入れられ、人々に優美な花柄デザインのティーセット、朝食、デザートセットなどでティータイムや食事を手頃に楽しめる喜びを提供してきました。 –AD–

2015年に発売された新しいシリーズ、日本にまだ未発売のCandy シリーズ、可愛すぎです!

Candy キャンディー

ロイヤルブランドに相応しい品格を持ち、見惚れるほどに美しいデザインをしています。

2016年2月29日更新:アウトレットセール実施中

ロイヤルアルバート公式サイトのアウトレット

Royal Albert キャンディーシリーズ 公式サイト

Royal Albert キャンディーシリーズ 購入はこちら

 

オススメプチプラの、ロイヤルアルバートイギリス陶磁器ギフトセット

ロイヤルアルバートティースプーン

ロイヤルアルバートエッグカップ

 

Miranda Kerr ミランダ・カー

Miranda kerr

miranda_19_ls_2

ロイヤルアルバートとミランダ・カーとのコラボレーションにより、彼女のセンスとスタイルを注ぎ込んだフェミニンなティーウェアを作り上げました。パステルカラーやソルベカラーの牡丹や蝶が鮮やかなティーセットが、アフタヌーンティーやハイティーを華やかに演出します。

<ミランダ・カーについて>
スーパーモデル ミランダ・カーは、世界中の雑誌の表紙を美しく飾り、ファッションにおいても、ビューティーにおいても、アイコンとして活躍しています。同時に、彼女自身のライフスタイルも注目されています。

ポルカ ブルー & ポルカ ピンク

category_main_polka
1930年代のレトロモダンなアールデコスタイルから想を得てデザインされた「ポルカ」シリーズ。気品あふれるグリーンと爽やかなベビーブルーに、陽気なポルカドットと精巧なバラがデザインされた可愛らしいパターンです。伝統的なフローラルパターンを思い起こさせるデザインは、ディナータイムやティータイムを華やかに演出します。「ポルカ ローズ」と「ポルカ ブルー」のコーディネーションも楽しめます。

コンフェッティ ローズ

rose_confetti
コンフェッティ(confetti)は紙吹雪を意味します。小さなバラのつぼみが、まるで紙吹雪が舞うように散りばめられた「ローズ コンフェッティ」は、現代のロマン主義を体現する女性らしいパターン。どこか懐かしい、それでいてモダンな佇まいです。ピンク色がアクセントとなったフローラルパターンが、ティータイムの気分をあげてくれること受け合いです。

オールド カントリー ローズ

category_main_old_country_roses

ロイヤルアルバートを代表する人気柄。英国の国花、薔薇がモチーフの華やかなテーブルウェアです。1962年に登場した「オールド カントリー ローズ」はこれまで世界中で総生産1億ピース以上を誇る、ロイヤルアルバートのベストセラー パターンです。バーガンディ、ピンク、黄色の薔薇(バラ)が咲き誇る絵柄は、まるで英国の庭を彷彿させるように華やかで、長年愛されてきたタイムレスでエレガントなスタイルは、ロイヤルアルバートに継承されてきたクラフトマンシップの証でもあります。

ニュー カントリー ローズ

category_main_new_country_roses

ロイヤルアルバートの代表作である色鮮やかな薔薇の花々が描かれた、「オールド カントリー ローズ」シリーズを元にデザインされた「ニュー カントリー ローズ」。フレッシュな小花をちりばめた、現代的なデザインです。細部にもこだわった鮮やかな薔薇とゴールドの縁取りにクラシックシェイプが見事にマッチ。ホワイトとピンクのコーディネートを楽しんでいただけます。

 

レディー カーライル

category_main_lady_carlyle

色鮮やかな花々、ピンク色のアクセント、ゴールドの縁取りが調和した英国的な気品漂うパターンです。

“美しい花柄“は、ロイヤルアルバートの代名詞です。「レディーカーライル」は、花柄パターンをロマンチックに表現した、女性に人気が高いパターンです。ブルーベル、忘れな草などの小花とともに、薔薇がアクセントとなっています。また、スクロール模様の金彩で彩られたテーブルウェアは華やかで、豪華な18世紀のロココスタイルに仕上がっています。

ポートメリオン Portmeirion Vintage Kelloggs

1960年にエリス夫妻によって設立されたポートメリオンは1972年に発表したボタニックガーデンの大ヒットで一躍有名になりました。
魅力溢れるアイテムのラインアップは世界50ヶ国に輸出されています。 (Sohbiから引用)

レトロでカラフルな可愛い絵柄な食器。

vintage_kelloggs_1

購入はこちら

 

ウェッジウッド

ウェッジウッドのピーターラビットシリーズ、子供用の食器陶磁器、出産祝い、子供の誕生日プレゼントにオススメです。

IMG_7422

ウェッジウッドの歴史

“英国陶工の父”と称されるジョサイア・ウェッジウッドは、1730年、チャーチヤード工場を営んでいた陶工トーマスとメアリー・ウェッジウッドの末子、第13子として、イギリス スタッフォードシャーに生まれました。9歳の時に父親が亡くなると、長兄の受け継いだ工房で徒弟となり、修業後、1754年には当時英国の最も偉大な陶工で、フェントンのマスターポッターであったトーマス・ウィルドンとの共同経営に入ります。そこでジョサイアは実験につぐ実験を重ね、アゲート ウェア、クリーム ウェア、新しい釉薬などの研究を進めました。彼は、後にこう記しています。「作品の胎土、上釉、色、形をたえず改良していこうと試みる時、我々を取り巻く大地は限りなく広がり、良い土は豊富にあり、労をおしまず努力する者には、その苦労にむくいる充分の恵がある。」これらの実験がその後の活躍の布石となり、壮大な事業に欠かせない財産となりました。ジョサイアの持ち前の職人魂と進取の気性が、「ウェッジウッド」を世界に冠するブランドへと成長させたのです。

出典:ウェッジウッドジャパン

ウェッジウッドの公式サイト

日本より品ぞろえが豊富な本場イギリスのショップを見てみてください。

Wedgewood公式サイト:http://www.wedgewood.com

Royal Albert公式サイト:http://www.royalalbert.co.uk
Royal Doulton公式サイト:http://www.royaldoulton.co.uk
SALEや、アウトレットも常にやっていますので、かなり安い値段の美しい食器に出会えるかもしれません。