5Gの時代が来たらテレビ局が必要なのか。

posted in: ロンドン生活 | 0

最近気になっている話題は、やはり5G時代の到来です。

通信がテレビを飲み込む時代。

通信が発達する前、テレビ専用の電波があり、その電波を使って、大衆娯楽の「テレビ番組を発信する」テレビ局はマスコミとして絶大の地位を築いてきました。

しかし、専用の電波でなくても、公共の通信を使って、だれても「テレビ番組を使って発信できる」時代になります。

ニュースでもよく取り上げられている Amazon、Netflix、中国のTencent、みんな「オリジナル動画コンテンツに投資」しようとしています。

そうなると、今までテレビ局の独占産業である「番組を作って放送する」サービスはだれでも、個人でもやろうと思えばできるようになります。
その時代に、問われるのはやはり、コンテンツそのものの魅力です。

コンテンツそのものの魅力というと、最近すごく共感を覚えた話があります。

とある、漫画アプリの話。

漫画アプリのピッコマの話。

何に共感したかというと、無料ではないというところ。

待てば0円というサービスで、一話が無料で、次を読むのに、24時間待てば無料、ただ、すぐに読みたい場合、50円~から少額でもお金を払わなければならない。

無料のコンテンツ(とそれに付随する広告)であふれる時代、きちんと読みたいコンテンツに対価を払うべきという考え方に共感しました。

ですので、Tencentが課金動画を強化したいという考え方が根本的に同じで、

Tencentのような11億人のユーザーを抱えるインターネットサービスの巨頭であれば、コンテンツ無料+広告有料で十分ビジネスモデルとして成り立つと思いますが、あえて「課金コンテンツ」を自らやるのは、収益性を追求するだけではなく、本当にユーザーの見たい魅力的なコンテンツを届ける、それゆえ、自社のプラットフォームを魅力的に保てるという狙いがあるように思います。

イギリスに住むと、日本の漫画、日本の書籍を読みたい場合、おすすめのサービスをいつくか上げます。

 

海外駐在中に、日本書籍を購入する方法

ebook Japan




東証上場、Yahoo Japanから出資の安心できる大手電子書籍の会社です。
私は、以前、ロンドンから南アフリカに旅行に行く際に、イーブックジャパンを使って、日本語の旅行ガイドブックを購入しました。
やはり、日本語の旅行ガイドブックが素晴らしかったです!
地球の歩き方ではなくて、、なんだっけ、あれは、るるぶだった気がします。

そこに掲載されているレストランに行きました。シーフードレストランで一緒に行った友達にも絶賛されました。
やはり、日本語の書籍は心強いです!

メインが漫画で種類豊富です。

 


 

ハーレクインライブラリ

ソフトバンクの子会社、SBクリエイティブ株式会社の展開する漫画サービス

月額課金でいくつかのコースがございます。

好きな金額を選んで読むことができます。


 
有料コース以外に、無料のコンテンツも充実しています。
海外にいながら、日本語の漫画日本語の活字の小説を低料金で楽しむことができます。
海外で紙の日本語の書籍は高いですもの。

漫画以外に、小説もあります。
英語版の漫画もあります。

 

全巻漫画ドットコム

コミック全巻セット販売の漫画電子書籍のサービスです。

こちらは、古本中心のようです。 




 

漫画文化は日本の素晴らしい文化です。

海外にも日本のコミックファンがたくさん存在しています。

漫画のデジタル化につれ、海外にももっと日本のコミックを読まれてほしいと願います。



AD



 

Leave a Reply